東京でホームページ作成を考えている企業・個人のためのまとめサイト

ホームページ作成を外注するなら?東京都でHP制作を依頼できる業者まとめ

WebサイトのマッチングSEO
Google の検索エンジンから集客を増
Read more.
詳細見積もり
詳細見積もりを遂行するためには、ヒト・ス
Read more.
ホームページ作成
SEO対策のバランス
SEOのどの手法を採るのかは、技術者の手
Read more.

投稿記事

同義語の輪

投稿日:2019年12月22日 更新日:

同義語の輪は、新たな問題を引き起こす可能性をはらんでします。自分が入力したキーワードを含まない検索結果を見て、入力したユーザーは混乱するでしょう。その上、同義語の輪を使ったために、結果の最適度が低下してしまうかもしれません。これは「適合率」と「再現率」の問題と言えます。適合率とは、与えられた検索結果に対して、適切なドキュメントが存在する度合いを意味します。高い適合率を求める場合は「適切なドキュメントだけを表示して」と言いたくなるでしょう。再現率はシステム内にあるすべての適切なドキュメントのうち、検索結果に表示された比率がどれだけかを表します。高い再現率を求める場合は「適切なドキュメントはひとつ残らず表示して」と言いたくなるでしょう。適合率比と再現率比の両方が高いのが理想的かもしれませんが、情報検索分野では一方を高めるために、他方を犠牲にするのが一般的です。これは制限語彙の利用と密接な関係があります。同義語の輪は再現率を劇的に高めてくれます。一方で、同義語の輪は適合率比を低下させてしまいます。インターフェースデザインをよくし、ユーザーの目標をうまく理解すれば、2つのバランスを取ることがいかに大事かわかるでしょう。デフォルトで同義語の輪を使うとしても、検索結果の一番上には正確にキーワードとマッチしたものを並べることができるかもしれません。または一番最初の検索では同義語の輪を無視して、それで結果がまったく、あるいはほとんどない場合に「関連する単語を含めて検索してください」と表示するオプションをつけるのもいいかもしれません。同義語の輪は、制限語彙の単純かつ便利な形式です。昨今の多くの巨大な情報環境において、この基本的な機能を明らかに欠いているというのは、なんの言い訳にもなりません。

-投稿記事

Copyright© ホームページ作成を外注するなら?東京都でHP制作を依頼できる業者まとめ , 2020 All Rights Reserved.